フォトアルバム

« 一寸、白州次郎 | メイン | アンチエイジング »

2012年8月17日 (金)

健さーん!

8月17日の日経新聞朝刊25面。

放送作家水野十六(トム)氏が書いた

「高倉健、清廉なる魂の流儀」に

深く共鳴し感した。

「捨てているよなぁ・・・」。

欲望・享楽・虚栄を捨てた人に対し

健さんが贈る賞賛の言葉だそうだ。

素敵過ぎる。

大学1年の時、池袋のしなびた映画館で

親友と初めて健さんの映画を観た。

「昭和残侠伝・死んで貰います」。

余りの格好良さに鳥肌が立った。

人はおぼろげながらも

それぞれに自分に合った理想の生き方持っている。

そう思う。

煩悩のひとかけらさえ集めて回っている

小生のような者が、口に出せる文句ではないが、

何とか最後の日までに

健さん曰くの『捨てている人』になれるなら・・・

「水野ちゃん、人生は切ないんだよ。

その切なさをぐっと奥歯でかみ締めなければ、

本当に綺麗な夕陽は見られない」

・・・健さんが水野氏に贈った言葉だそうです。

  

___2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/524324/29564133

健さーん!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿